FC2ブログ

丹後チャレンジ WITH 家族サービス

今年もゴールデンウィーク、始まりましたね。

家族サービスを兼ねた丹後旅行(兼、丹後ジギング)でしたが、初日は強風による時化で中止・・・
しかし、天は我を見放さず、翌日は晴天の予報。
船長に確認したところ、空きありとのことで、速攻、予約。

敦賀経由で丹後に向かいます。

「丹後あじわいの郷」で少し遊んで、近くのホテルにチェックイン。
夕食を済ませ、翌日の釣りに備えて早めに就寝。

6時に起床し、コンビニで買い出しをして、港に到着。
今回はFALCONにお邪魔しました。

8時前に出船。

まずは網野沖を攻めます。
20160501DSC_0086.jpg

風もなくベタなぎ。鳥も飛び交い、雰囲気は最高!
しかし、反応はなく、小移動を繰り返します。

何度かの移動のあと、間人沖へ。

他のルアー船も集まっていて、鳥はいないですが、きっと何かある予感!
流し始めてすぐにミヨシの方にヒット!

いきなりブリがきました!
その後、ポツポツとヒットが続きます。
反応は底べったりの模様。

なかなか当たらない、誘いきれない自分でしたが、回収中の中層より上で違和感?
魚っぽいのでポーズを入れるとヒット!

残り15mもないくらいでのヒットでしたので、直ぐにランディング。
20160501DSC_0087.jpg

メジロ?とは言いにくい、大ハマチでしょうか。
サイズはともかく、まずはほっと一息。

連発しない渋い反応。
底付近の反応で、盛り上がらない。

先日の底付近の攻略のイメージ、クイックZERO1を投入。
するとすぐに底から1シャクリ目のアクションでいきなりイレギュラーな糸ふけ!?

合わせるとどっしりとした重量感!
ドラグはこの海域には不相応にきつくセット。PE4号にウルトラインビジブル60lb。ラインもリーダーも引っ張りっこではよほどなことがない限り切れません。
余分なラインは出しません!

水深約80m、ラインは100mほど出ていましたが、ぐりぐり寄せてゲット!
20160501P4300534.jpg
90cm、8キロちょっとでしょうか。
イメージ通りのキャッチは、最高のひと時。

その後は、アタリも遠のき、移動を繰り返します。

鳥山を追って東のポイントへ。
すでに午後を大きく回って3時。

深場ポイントで鳥山の中、ジグを落とすとすぐにヒット!
船中、連続ヒット!
いきなり時合突入!!

ブリサイズからハマチサイズまで、食いまくり。

ハマチ、メジロを避けるべく、底付近の反応のみに絞った誘いで、ブリを追加。
メジロツインもあって、どんどん数が伸びます!

時合は40分ほど続き、少し日が傾いたところで終了。
20160501DSC_0104.jpg

船中、ブリ12、メジロ26と、春の丹後らしい、ハマチの少ない好釣果に恵まれました。

早い誘いや波動の大きなルアーを使って中層で食わせるパターンが多いこの地域ですが、底から離れない、中層に浮き上がらない個体を、底で狙い撃つ誘い(最近始めた中深海のスローピッチジャークをスピニングに応用したもの)が、予想以上に効きました。

20160501DSC_0091.jpg

20160501DSC_0102.jpg


キャッチした魚から小イカとシラスが出てきましたが、キャッチした時のジグは、200g以上のセミロングタイプだったり、アルミだったりと、マッチザベイトでなく、むしろ誘い方であると感じました。

丹後ジャークも必要ですが、この底付近にこだわって回遊する個体を攻略するメソッドは、必須です!
もちろんベイトタックルも有効だと思います。

各自で攻略するためのイメージをもって、春の大型青物を楽しみたいですね!

【タックルデータ 1】
R O D:T.KustoM ハウラー プロト     
REEL:S社8000番 PE4号+ウルトラインビジブル60lb
LURE:クイックZERO1 200g、チャクラデルタ200g、オッターテイル鉛170g、オッターテイルアルミ210g、ほか

【タックルデータ 2】
R O D:スロージギングロッド6ft 4oz     
REEL:S社2000番 PE1.2号+フロロ7号
LURE:X2 300gほか

帰路は舞鶴でお気に入りのラーメン屋で締め。
釣りのあとはラーメンに限る!
20160501DSC_0107.jpg
ここのは生ニンニクを入れると、さらに旨い^^
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター