fc2ブログ

絶好調 トンジギ!!!


トンジギ、相変わらず絶好調!
出船したらまず釣れています。『 ビンチョウって簡単だよネ 』って勘違いしちゃいそうなくらいな釣果。釣れないシーズン、釣れないトンジギを何回も経験している自分にとっては、少し悔しさもありますが、『釣れているときに行く』というのがどんな釣りにおいても鉄則だと思っています。

今回は、遠州のマグロキャスティングで乗り合わせたI君からのお誘いで、浜名湖クルーズさんにお邪魔しました。

160206243_3845091155617536_7512469706198072947_o.jpg

約1時間ちょっとでポイントに。志摩沖ではなくもう少し東よりのポイントのようです。鳥も多く雰囲気がいいです。
しばらく流していて、ドテラ流しなのにラインが大きく左に流されます。

2枚潮・・・

底の潮が変な方向に流れ、かなり釣りづらい。船長が別のポイントに移動するアナウンスで回収中にアタリ!
ラインのカラーであと20mのところで突然のアタリ!
不意のバイトにハリ掛かりしませんでした。これでこの海域に魚が確実にいるのが分かりました。

次のポイントで、同船者の方にヒット!トンジギは初めてのようでしたが、青物ジギングの経験があるようで、ロッドをシッカリ立ててファイト。無事に船中ファーストキャッチは10キロちょっとの最近のアベレージ。
続いてほかの方にヒット。 この方はなかなかロッドを立てることが出来ず、ドラグも少し緩かったため時間がかかってしまいましたが無事にキャッチ。後で話を聞きましたが、青物ジギングもやったことがない方で、いきなり10キロサイズをジギングでキャッチとのこと。凄いです!
その後、ぽつポツとアタリが出だしたとき、ようやく自分にアタリ!
その引きの強さからサイズは特段大きくないのはわかりましたが、最初の魚は慎重に寄せてキャッチ

159802735_3845091062284212_4591537864451073900_n.jpg

12キロサイズでしょうか。

同船者の方にもぽつぽつアタリはあるようですが、バラシやラインブレイクで思うように数は伸びません。その後、I君の友人にビッグヒット!
しばらくのやり取りで上がってきたのは23キロ!念願のマグロ、おめでとうございます。

活性が上がってきたようで、鳥山も頻繁にでき、ボイルも見られるように。
自分はキャストの道具がなかったのでやれませんでしたが、ポッピングで出そうな雰囲気ムンムンでした。
同船者の方のアタリの棚が40m、50mと浅いレンジに魚が回っているようでしたので、深場を中心に探っていたジグを回収しているときに船長アナウンス。「今、60mに反応あります!」 60mまでラインを回収してワンアクションでヒット!
1匹目に比べ重量感はありますが、ラインの出方はそんなに激しくはありません。すぐに寄せましたが、思っていたよりサイズが良かったため、水面でかなり暴れます。船長と息を合わせてランディングしキャッチ・・・と思いきや、少し大きめの波に揺られたときにネットが船長の手から滑り落ち、魚ごと海中へ!再びファイト開始。不意のリターンマッチでしたが、すぐに寄せて今度こそ無事にキャッチ(ネットも!)今日イチのビンチョウで自己記録更新の25キロ

160178477_3845090552284263_602164729821511975_n.jpg

その後は鳥山もなくなり終了となりました。

ひとり1本、2本釣れるか釣れないかの釣りですが、この魚が近海のジギングで狙ってキャッチできるのはたまらないですね。この釣りはどの船長も『あきらめずにしゃくり続けるのがコツ』といいます。その通りとは思いますが、自分はトンジギは『棚の釣り』と思っています。魚の泳層は一定ではないものの、スプールから出ているラインの長さと入水角度で狙う棚をイメージしてしゃくり、それが魚のタイミングにピッタリ合った時に初めてヒットする。これがドテラの釣りの醍醐味でもあります。

今回は特に後半で波の割に風が弱くなり、アタる水深も浅めであったことからジグを250gにしてライン角度をつけ、船長の指示棚をできる限り長い時間誘うようにしました。
ちょっとしたことですが、1日これを意識してやり続けることが、結果を出すことの近道と感じています。

そして、ヒット、ファイト、キャッチ!

160442827_3845091002284218_2070990067517881197_n.jpg

ロッドを立て、バットで寄せる!
『ハウラー』良い仕事してくれますよ。

※画像のロッドはT.KustoM ハウラー R/T 61M

【タックルデータ 1】
R O D:T.KustoM ハウラー R/T 61MH     
REEL:S社10000番 PE4号+フロロカーボン20号
LURE:UDTグレムリン400gほか

【タックルデータ 2】
R O D:T.KustoM ハウラー R/T 61M     
REEL:S社10000番(12000スプール) PE4号+フロロカーボン20号
LURE:ロングジグ250g、ハオリ380g ほか


【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター