FC2ブログ

チャレンジTUNA in 尾鷲

既に4月というのにトンボが釣れ続いている。
しかもカツオも釣れ出し、しまいにはキハダも⁉
予想外の釣果は黒潮の蛇行が原因のようです。

何とも魅力満点の吉報に、尾鷲の早田港Splashさんにお邪魔しました。

1時間ほど南西に舵をとります。
ポイントに着き鳥やナブラでキハダを探します。
20190502010505d45.jpg

始めのうちは霧がかかかって、少し視界が悪かったですが、次第に晴れて暖かくなりました。
今日は鳥が少ない?感じがします。

20190502010507ba0.jpg
4月下旬にしては暖かいと言うより暑いくらい良い天気。
海の中も既に夏の近づきがあるのかもしれません。

船長がナブラを発見!
すぐさまキャスト!

チェイスはあるがのりません。
今日もそこそこ活性があるようです。
船長いわく、タイミングさえ合えば、思ったより簡単にヒットするとのこと。
ただ、そんなにマグロは甘くない。

何回目かのナブラへのキャストで、同船の方にヒット!

201905020105085e2.jpg
慎重に寄せて無事キャッチ

ヒッサゲ!
このアタリでは中型のキハダをこのように呼ぶとのこと。

やはり活性は低くないものの、群れの進行方向にキャストが決まらなければ、食わない。
高い精度と充分な飛距離が必要

今度は後方に向かうナブラ!
狙いを定めてキャスト!

隣の方にヒット!
自分にもヒット!
後ろの方にもヒット!

トリプルヒット!!!

バラさないように慎重にファイト
ヒット後はティップを下げハンドルを巻けるだけゴリ巻き。
魚が間下を向いたら今度は竿を立て、ティップを下げすぎないように細かくポンピング。

数分で無事にキャッチ。
20190502010510038.jpg

今期初物はサイズはともかく嬉しいの一言!
20190502010511872.jpg

綺麗な黄色が眩しい!

3人ともキャッチできました。
20190502010556f05.jpg

20190502010554bcc.jpg

口から吐き出した小さいプランクトン?
よく見るとカニの幼生メガロパというものらしいです。
水面でヌメヌメと地味にナブラになっているのは、魚でなくこれを補食しているからのようです。

その後、数回ナブラが出ましたがチャンスはなく、そのまま夕方を迎え終了となりました。
20190502013247c40.jpg

帰港後、船長が計量してくれました。
20190502010559273.jpg

13.5キロと大きくはないですが、幸先の良いスタートを切ることができました。
シーズン初期であるにも関わらず、既に50キロオーバーもキャッチされていますので、今シーズンも準備万端で狙いのサイズを是非ともキャッチしたいと思います。


【タックル1】
ROD: T.KustoMインターミディエイトボロン810
REEL: S社14000番
LINE : PE6号 ウルトラインビジブル130ポンド
LURE :ダイビングペンシル90gほか

【タックル2】
ROD: T.KustoMチャージャーMH
REEL: S10000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE :BZハイブリッドほか
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター