スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーバスチャレンジ 

寒い日が続く2月中旬、既にシーズン終了と思われた鳥羽沖のシーバスが復調とのことで、父とシーバスジギングに出かけました。

豊田から約200km。3時間弱で鳥羽市石鏡に到着。
今回お邪魔したのはミスターこーじ。
ミスターこーじ

この時期はとにかく寒い!!
DSC_2147.jpg

朝7時に出船
DSC_2155.jpg

港から15分ほどでポイント到着。

沢山のジギング船が集まっています。
思ったより沖よりのポイントです。
DSC_2166.jpg

朝イチの時合か、周りのジギング船の乗船者ロッドが次々に曲がります。
が、自分を含め、同船者にヒットはなく、次第にどの船も沈黙・・・

ようやくアタリ!?と思えばこれ、
moblog_df318c46.jpg

今日は相当厳しい・・・

せっかく父との半年ぶりのジギング。
もうちょっと簡単に楽しめる釣りにしたかった・・・

活性は低く、落としてただ巻くだけではヒットは望めない。
しかし、決して釣れない状況でない。

同船者の常連さんや他船のヒットさせた人を観察!
結構早い、細かいピッチのシャクリ。
しかし、巻けども巻けどもアタリなし。

「フォールかも!?」

早めの細かく刻んだ巻きの後のフォールに集中・・・・・・・・来た~~~~!
重量感はあるもの突込みが弱い。

スレ気味なフッキングのようだが、慎重に巻き巻き

ゲット!
DSC_2164 (3)
約60cm
今日のレギュラーサイズ。
ようやく1本

これに助けられました^^
DSC_2164 (2)

このあと、色々なパターンを探るも、バイトな苦戦

終盤、父にビッグバイト!
竿を真下に叩き付けるような突っ込み。
あがってきたのは、
DSC_2175.jpg
マダイ!
70アップ!

その後、反応を探してポイント移動を繰り返すも、アタリなく本日終了。

シーバスのベイトはサッパ
DSC_2169.jpg
この動きをうまく演出仕切れませんでした。

船長によると、トーバスは例年でいえばもうシーズン終了。
今年はかなり長く続いているとのこと。
今後は鳥羽の水道に固まった群れが徐々に沖に出て行き、終盤を知らせます。

今回、ポイントが沖合い寄りに感じたのはやはりそういうことでした。

厳しいなかでも、パターンを探しあて、掛けるシーバスジギングの醍醐味を少しでしたが味わうことができました。

もう一月もすれば3月、大型青物やトラウトシーズンが開幕します。

忙しくなる前に、色々少しずつ準備したいと思います。
丹後に三国、輪島・・・

楽しみです!

【タックルデータ】
R O D:T.KustoM プロト     
REEL:ミリオネア100 PE1号+フロロカーボン5号
LURE:サーベラー80g、HIDEYOSHI100g、STAY80gほか
スポンサーサイト
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。