FC2ブログ

鰤への道 ~三国 海佑丸~

チームインザストリームメンバー5人とスゴ腕アングラー3人で、好調の三国、海祐丸にお邪魔しました。

朝方の時合が期待できるとのことで、いつもより早めの出船。

朝から気合が入ります。
DSC_3871S.jpg

海佑丸船長の福安さんがいつもの優しい口調で海の状況、今日の予想など丁寧に説明してくれます。
昨日は誘い出しがメインで、朝以外の時間帯は特に渋く、1OZ程度のシンキングペンシルが有効とのことです。
準備万端で出航
DSC_3872s2.jpg
港から20分ほどのポイントです。

シラス反応が多くあるものの、全く青物感度がない。
昨日とはまた違った状況のようです。

暫くして釣り開始。
キャスティングとジギング両方で攻めますが、いずれも反応はありません。

そこでボイル発生!
アクセル全快で急行。

直ぐにプラグをキャスト。
なんと自分、B園さん、会長のプラグにトリプルヒット!!

自分は魚のサイズが良いことを想定していたのでPE4号タックルだったので強気に巻きますが、予想以上に魚の抵抗。
もちろん、パワー負けしているわけではないですが、折角のファーストヒットを無駄にしてはいけません。

そうしているうちにB園さんがファーストキャッチ。
20130526b.jpg
(海佑丸さんのHPより)

その後、パワーファイトながらも慎重に巻き上げてキャッチ。
DSC_3875B.jpg
97cm  目測約9kg
長さ、太さ、引き、申し分なしです。
DSC_3880BG.jpg

やまさん・・・キャスティング常勝かもしれませんが、日本海の青物では負けませんよ!
DSC_3880YAMA.jpg

ファイト中に他の魚体にラインが触れたのか、会長の掛けたサカナはラインブレイク・・・

ボイルは沈み、魚の活性も下降気味。

それ以後はナブラの追っかけっこ。
ボイルの中にうまくプラグを入れるとヒットするようですが、ボイルの沈みが早く、船を寄せるだけでキャストするチャンスがなかなか得られない状況。

他船も苦戦中。

DSC_3890VA.jpg
ジグで狙うバギちゃん。なかなかうまくいかないね~。

DSC_3887KAI.jpg
会長も不運なブレイク。

前日まではイカがベイトだったようで、誘い出しが有効でしたが、今日は誘い出し、ジギングとも全く不発。
唯一のチャンスは活性の高いボイルへの打ち込みのみという難しさ。

原因はこいつ
DSC_3886SI.jpg
シラス小さすぎ・・・

その後、諦めることなく少しでもチャンスを見つけては船を寄せる船長。
簡単ではない状況でも諦めることなく、一生懸命操船してくれます。

状況を見ながら追っかけたり、待ち伏せたり。

それが功を奏し、バギちゃん、山さんのプラグにヒット。
20130526c.jpg

ほっとけパターン?が効いたようです。
こういった特に極小ベイトの時は、攻めのアクションに全く反応しないことが多く、バギちゃんの作戦成功!

結局、その後活性が上がることなくタイムアップ。

一日を通じてジギングで釣れるような時合いはなく、キャスティングでいかに巧く僅かなチャンスをものにするか。

そうしたシビアな状況にあって、たまたま朝の時合いでチャンスをものにできました。
それもこの相棒のおかげ。
DSC_3874C.jpg
チャージャーML(プロト)に助けられました。

三国沖のキャスティングは、7ftもあれば十分ですが、シビアになればなるほどタックルバランスの高さがジギング以上に要求されます。
キャスタビリティ、アキュラシー、ロッドパワー。
相当なレベルで気持ちよく操作できます。

三国だけでなく、丹後、輪島でも大型青物の最盛期です。
特に今年は当たり年。

自分でイメージできるベストなタックルセッティングで投げ、誘い、獲る。

ジギングとはまた違った攻略で、青物キャスティングを満喫しましょう。


【キャスティング】
R O D:T.KustoM CHARGER 81ML、81M 
REEL:ステラ10000XG PE4号+ウルトラインビジブル60lb
ル アー:BC-γ30、45ほか



毎年この時期には


プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター