FC2ブログ

鰤への道 ~丹後編~

先日誓った汚名返上のため、エクストリームアングラーのメンバー有志と12月1日、丹後ブリジギングを予定していましたが、荒天の為中止・・・

天気図や予報から翌日、日曜日なら出られそうだったこともあり、緊急家族会議を開催。
翌日にスライドしての丹後出撃となりました。
急な呼びかけで参加してくれたのは、M友さん、Y崎さん、チームITSから山口さん。
船の空き状況もあり、4人での参加となりました。

一昨日はヒラマサ、メジロ、ハマチと好調でしたので、期待が高まります。
20121202_091841.jpg

昨晩も風がなかなか収まらなかったので大きなうねりがありますが、波予報では午後にかけて落ちてくるようなので大きな心配はしなくてもよさそうです。

では出航。

DSC_3360スタート
網野沖でスタート。水深50m程度をまずはドテラ流しで攻めます。

開始から20分後、同船の方にハマチヒット。
おお~っ、久しぶりにハマチのイレグイ・・・じゃない・・・?

続きません。
次々にポイント移動を繰り返しますが、反応あるもジグには当たらずスルー。
たまにハマチ。

網野沖を西へ西へと移動しながら探ります。

暫くして自分に底付近で大きなバイト!
フッキングを決め、グリグリ寄せます。

ジリっと少しだけドラグが出たので、ハマチ以上のサイズを確信。

程なくして揚がったのはお腹出っぷりのメジロ!
まずは先週の伊勢湾の汚名返上となりました。
DSC_33591本目



期待はいつも以上に大きく膨らみますが、今日の状況はなかなか簡単ではありません。
魚探の反応は底付近に集中しています。一匹ヒットしても、連鎖するようなバラケもなく、追い食いがあまり無い状況。
中層に良い感じのバラケのある反応があっても、たま~にハマチがヒットする程度。
他船でも同じような状況。
船長は悩んでいます。
大きく移動して別の群れを探すか、このまま渋いながらもメジロが出てるから食い気が立つのを待つべきか・・・

この群れの中にはメジロ以上のサイズもいるはず!

引き続きポイントを少しずつ変えながら、反応を叩いていきます。
DSC_3362御友さん
M友さん、なかなか釣れんね~!

曇り空の合間から少し日が出てきた頃、活性の高い群れに遭遇。
ハマチが釣れだしました。
ハマチ祭りじゃ~~・・・ん
周りの皆さんは、釣れていますが自分だけ釣れません。
この日はうねりがあるものの、積極的な攻めの釣りを敢行すべくミヨシで釣っていたのですが、ジグが他の方と大きくずれているせいか、自分にだけ当たりません。
直ぐに回収して、真下に落としてみるとヒット!
ハマチです。
しか~し、水面でバラシ。オートリリースとなりました。
ハマチには針がアンマッチなのは承知しているけど、この渋い状況でのバラシは残念。

気を取り直してしゃくると、中層でゴン!!
フッキングを決め、ごりごり巻きます。
さっきより少しジリリとドラグが出ます。サイズアップ?

キャッチしたのは良型のメジロ。
ちょっとサイズアップ。
DSC_33702本目
底付近の反応を底から20mほど早巻きで誘い、中層でふわっふわっとタイミングを与え、バイト。
何気にイメージどおりで、満足の1本^^

既に昼を過ぎるも、中々活性は上がりませんが、同船者の方にもぽつぽつとメジロサイズが上がり始めました。
Y崎さんは、底付近のメジロ反応をベイトタックルを駆使して誘い、見事ヒット。
ベイジギングタックルでのファイトを存分に楽しんで(?)メジロをゲット。
2314-thumbnail2.jpg

若いのにやりますわ!

こちらの方はまだ・・・
DSC_3361山さん
パン食ってる場合かね~

忘れた頃にヒットはあるも、時合いなく時間が過ぎていきます。

そんなときに、こいつ
DSC_3364オコゼ
初めて釣った!
決して素手で触ってはいけません。

その後、自分にヒット!
潮の動きが悪いこともあり、少しジグを軽くしてリアクションを誘発できるようにしてきました!

3本目!
DSC_33763本目
我ながら上出来です!

時刻も4時となり、終了が近づく中ドラマが。
ラストの時合い到来!
皆さんの予想を裏切り、山さんがやってくれました。
KK-DOTERAでゲット
DSC_3378山さんゲット
お見事!

その後、同船者の方にサワラやメジロが何匹かヒットし、本日終了。

白石方面はあまり調子は良くなく、一日網野沖一帯を攻めました。
水深も70m前後とジギングしやすい深さで魚の反応は一日中あったものの、ヒットに持ち込むのは至難の技。

そんな状況で3本のメジロは本当に上出来でした。

ハウラープロトを使用しましたが、随分この海域にマッチしてきました。
今回の状況にもしっかり対応でき、魚をかけても余裕のパワー。
使っている自分が楽しんでます。

今後のこの海域は、冬型の気圧配置となり出船の確立が低くなりますが、出られれば青物が高確率で狙えます。雪代の出る2月ごろまではそうした状況が続くようです。

寒ブリめざしてまだまだ通いますよ~!(スタッドレスタイヤは必携)

【タックル】
R O D:T.KustoM HAULER MH(プロト)     
REEL:ステラ8000PG PE2号+ウルトラインビジブル30lb
LURE:NAMU JIG 200g、170gほか
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター