FC2ブログ

冬場の青物攻略

2月の寒さの厳しい中、西舞鶴のアクアノートにお邪魔してきました。
荒れ間の荒食いを堪能すべく、バギちゃんと出撃。
先日、川島店長から借用したハウラー(プロト)セカンドモデルを早速試します。

DSC_2722スタート


朝は相当に冷え込んでいます。
道中も路面凍結、高速道路のチェーン規制などがありました。

船長も久しぶりの出船になったので、まずは手前の湾口のサワラポイントを攻めます。
しばらく流すも、アタリません。反応は出ていますが、活性が低いようです。
その後、同船者の方がサゴシヒット!
すぐさま自分にもサゴシヒット。
DSC_2723サゴシ
ハウラーL(プロト)で表層早巻きでヒット。


でも、その後続かないため、冠島へ青物を求めて場所移動します。
年末にはハマチが爆釣したポイントなので期待が膨らみます。

ポイント到着。魚探の反応はすこぶる良いものの、思ったように釣れません。
ポツン、ポツン・・・

忘れたころにまた、ポツン
DSC_2724001ハマチ
やっと釣れました。

今日のハマチ君はかなり手強いです。魚探には反応びっしりで、相当数のハマチが確認できますが、喰わない。
同行のバギちゃんも苦戦しております。

ただ、漁師を見ていると引っ張り仕掛けで順調に釣っているようです。
ここに答えがあるとは思うものの、準備不足。思うような対応ができません。
他のジギング船も苦戦しているようです。


なんとか二人分の釣果で二桁越えたくらいでしょうか、朝のサワラポイントへ移動します。

DSC_2726.jpg

今日は白石方面は少し波風の影響があるようで行けませんでした。
気を取り直してサワラ狙い。

そうすると、底付近でひったくるバイト!
ドラグを出して走ったかと思ったら、針ハズレ・・・残念。サワラサイズの引きでした。

通常、このアタリの水深で狙うサワラは底から中層までバイトするタイミングがあるので、キャスト後にしっかり巻き上げます。しかしながら、今回のような渋く底付近に反応が出る場合、はあえて中層まで引かずに底付近を意識したシャクリを試します。
すると、強烈なバイト!

ハウラー(プロト)MHの敵ではありません!

ぐりぐり一気に寄せて上がってきたのは、本命サワラ!
DSC_2725サワラロッド
狙い通り^^

その後は、アタリなくそのまま終了となりました。
厳しい寒さでしたが、冠島周辺の青物釣り、湾口周辺のサワラ釣りと、異なる魚種に対して、海の状況を読んで攻略する楽しい釣りをすることができました。

まだ少し大型青物の時期には早かったかもしれませんが、別船ではメジロクラスも上がっています。
機会をみて、しっかり狙って行きたいポイントの一つです。
次回はサイズアップも含め、しっかりした状況判断ができるよう、今回の釣行について課題を整理したいと思います。

ハウラー(プロト)MHのセカンドモデル。
なかなかいい仕上がりになっているのを実感しました。

もう少しテストを重ねる必要があるかとは思いますが、いい形に近づいています。
乞うご期待!

12_02_19_002サワラ

【タックル1】
R O D:T.KustoM HAULER MH(プロト)     
REEL:ステラ8000PG PE2号+ウルトラインビジブル60lb
     LURE:シーフラワー110g、F-1 120gほか

【タックル2】
R O D:T.KustoM HAULER L(プロト)     
REEL:ステラ8000PG PE2号+ウルトラインビジブル30lb
     LURE:カリボソジグ75gほか
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター