FC2ブログ

鰤への道~炎の海豚編2~

週末はおとなしくしているつもりが時間が出来たので、鳥羽市石鏡のファイヤードルフィンにお邪魔しました。


12月なので朝は寒い!
昨日、10㎏近いブリが揚がっているだけに期待が膨らみます。
本日は4人の乗船です。

20101205-2.jpg

30分ほどかけてポイントまで走ります。
水深は90Mくらいでちょっと深い。
少し風が気になりますが、波はあまりありません。

しばらくしゃくるも全く反応反応なし。
他船も同様です。

あちこち移動しながらしゃくるも、誰も魚からの反応が得られません。

そうこうして2時くらいになったころ、となりのアングラーがサワラをゲット。
ここからアタリが出だし、サワラ、ワラサがポツポツ釣れだしました。

そんな中、同船者には反応があるも、自分には全くアタリがありません???
なぜ、何故、why??

焦り過ぎて完全にホゲってます。

すると船長から『この流しで最後にします』
船長もわざわざこっちを見て言いました(哀)


半ベソかいて無言でしゃくります。


すると奇跡が起こりました。
怒涛の4人全員のフォースヒットです!

ベタ底ヒット!

船長始め、同船者から笑みがこぼれます!

今までに無いくらいの慎重なファイトの末に上がってきたのは、待望のワラサ。

「なんていいやつなんだコイツ」、と抱きしめたくなりましたが、すぐにカンコに運ばれて行きました(笑)
20101205-1.jpg


その後、他船ではポツポツ釣れ続いていましたが、我船はそこで終了となりました。

最後の最後まで諦めてはいけない、諦めたらそこで終わり。
そんな当たり前のことを再確認できた1日でした。



【タックルデータ】
青物用
R O D:T.KustoM KK ドテラ 65ML S/E
REEL:ステラ8000PG PE3号+ウルトラインビジブル30lb
LURE:C-1セミロング200g、ナムジグ200gほか
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター