スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシストフックでなく…

自分がジギングを始めた頃(10年前位)はリアアイにトレブルフックというスタイルがメジャーで、フロントフック(アシストフック)のほうがひょっとして良いんじゃないかという雰囲気が出始めた頃でした。

そして時は流れ、、、青物ジギングにおいてフロントフックは超定番となり、リアにフックを付けることのほうが珍しい時代になってきました。

そんな中、今日、リアフックを作っていました。
青物狙いは基本的にフロントフックのみで十分と思っています。
ただ、それで全てとは思っていません。いろんな状況がありますからね~。

魚の食い方やアクションのタイミングなどで、リアフックの有無により大きく釣果に差が出ることがあります。
今まではコレをメインに使っていました。

Image129.jpg
ガマカツ510 好きなんです。
アウトバーブが憎いね~!
コレならオープンアイで現場でもすぐに対応ができます。

しかし、今回はちょっと違います。
Image130.jpg

先日のアキアGをリアフックに使います。
今までの経験上、リアに針掛かりした場合、フロントに掛かった時に比べバラシだったり、ランディング直後にフックが外れたりしたことがとっても多かったんです。
だから、これを結んでみました。

刺さりも申し分なく、掛かってからも多方向に柔軟に対応できる!
これでまた鰤に一歩近づいた?かな。
スポンサーサイト
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。