FC2ブログ

鰤への道~丹後編~

そろそろ、日本海、丹後の秋の青物シーズンインということで、浅茂川漁港を出発。
船はオーシャンズにお世話になりました。
大きな波はありませんが、細かいピッチの波がやや残ります。
5月以来の丹後ですので、期待が膨らみます。


Image113~00

網野沖を転々とするも全くアタリ無く、沈黙が続きます。
本日は水曜日ということもあり、遊漁船もかなり少ないです。

先日、川嶌店長よりKK-DOTERAのML(SEプロト)を借りてきました。
ドテラ流しをするのは三重県の船だけではありません。
ここ丹後も状況によってはドテラ流しをすることで、好釣果に繋げることもよくあります。


Image114.jpg

このロッド、単に感度が優れているだけではありません。
ジグを必要以上に跳ねさせ過ぎない絶妙の感じ。

Image114~00
ただ、この日は魚信がないのをはっきりと感じさせてくれます…
昼を過ぎた時点で、同船者の釣ったアオハタとサバふぐのみ(悲)
潮の動きも感知しやすいロッド。潮の動きはあるものの、速さや方向がマッチしていないのか、魚の活性はすこぶる悪いようです。
KK-DOTERAは感度が高い反面、慣れない方は疲れやすいかもしれません。
ただし、1日を通して使用してみると、前述の潮の動きや魚からのコンタクトやファイトをを通じて色々な情報を与えてくれます。
一般的に中級者以上向けのスペックと思われますが、これらのことからビギナーにおいても、その上達を助けると思います。

白石沖に大きく移動するも、どうやらイルカが回ってきたらしく、全くの無反応、、、
さらに沈黙が続きます。

浅場を流していた僚船がハマチを連発しだしました。なんとナブラも発生!
我船も急行。
やっと青物ゲット!
Image115~00
ハマチ!
期待が高まるも、その後、続かず。

そうこうしているうちに、もう3時を過ぎている。
あと1時間少々。
ようやく、周りの鳥が騒ぎ出し沖へ出始める。
僚船からの無線でトリヤマ発生とのこと。
すぐに白石の沖へ。
するとフォールでひったくるようなアタリ!
本日初のドラグ音が鳴ります。
上がってきたのは80センチほどのサワラです。

20101014サワラ
切られなくてよかった。

そして僚船から鰤、メジロゲットの連絡が入ります。
我船は中々当たらない・・・
底付近でちょっと違う潮の流れを感じ、念入りに攻めいていると待望のアタリ。
軽くフッキングを入れてファイト開始。
先ほどのサワラとは違うトルクのある感じ!
上がってきたのは65センチのメジロ。
20101013ワラサ
ベイトの反応は中層に出るも、どうも当たらない。
そんな中で、ボトム付近の潮の違和感を感じてのヒットだったので、ちょっと自己満足!

その後はいい感じで潮が流れるも、ハマチを追加したのみで、大きなあたりも無く時間が過ぎ、納竿間際にマダイを1匹追加して本日終了となりました。
Image117~00

先日のアシストフック。
しっかり仕事をしてくれました。(このマダイにはハリ大きすぎたね)
Image118~00

天気もよく気持ちのよい日でしたが、釣り開始から7時間近く青物釣れず疲れましたが、後半のジアイで何とか本命をゲット。
楽しい釣りができました。
ベイトもたくさん入っているので、今後水温が下がり安定してきたらbigチャンスが来るでしょう。
そのチャンスを掴むためにも、ロッド・リール・ジグはもちろん、ラインシステム、アシストフックやシャクリのイメージをしっかりと準備し、鰤をゲットしましょう。

【タックルデータ】
青物用
R O D:T.KustoM KK ドテラ 65ML S/E
REEL:ステラ8000PG PE3号+ウルトラインビジブル30lb
LURE:メタルフリッカー100g、ナムジグ100gほか

プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター