スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグロへの道~炎の海豚編~

最近好調の大王沖のキハダマグロを求め、鳥羽石鏡港のファイヤードルフィンへ行ってきました。

SBSH2190.jpg

皆さんもご存知と思いますが、日本記録のブリをあげた船です。
ここんとこご無沙汰でしたが、相変わらず面白い船長です。

港を出て十数分、たくさんの鳥山が出ています!!
ただ、マグロはまったくの留守でした。

しばらくして僚船からキハダボイルの朗報!
速攻、ポイントへ向かいます。
この船ドルフィンという名ですが、いつもとっても安全な速度なんです(笑)

小一時間ほど走ったでしょうか、ボイルは全くありませんが、うまく誘うとバイトする様子!
ヒットの連絡が入ります!
すると、同船者のペンシルに派手なバイト!!!
残念、高切れしちゃいました。

他の船からキハダゲットの連絡で、いよいよ盛り上がってきました。

小海途丸2号艇 ヒット中!
SBSH2191.jpg


その後、我船にはヒットなく、シイラのチェイスがたまにある程度。
それにしても、ずいぶん暑い!
今日のランチはこれ。
SBSH2193.jpg

沈黙が続くも、少ない鳥が一瞬騒いだときにチャンスがあるようで、なかなか気が抜けません。

その後、あまりの暑さと沈黙っぷりに休憩していて、目覚めたらなんと石鏡沖。
本日終了となりました。

キハダのチャンスはありましたが、タイミング合わず残念でした。
魚はまだ居ついているようなので、頑張ってリベンジしたいです。

SBSH2194.jpg


【タックルデータ】
①大型ペンシル用
R O D:Intermediate BORON 810
REEL:ソルティガDF6500 PE6号+ウルトラインビジブル130lb
LURE:鮪郎、BC-γ、ほか

②小型ルアー用
R O D:Intermediate MAGNUM プロト
REEL:ステラ10000 PE5号+ウルトラインビジブル100lb+170lb(30cm)
LURE:オズマHW、オシアペンシルほか



スポンサーサイト
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。