fc2ブログ

キャスティング 鰹 開幕

ビンナガジギング、今年は好調ですね。
4月になり表層もにぎやかになるのではと、Kさんのお誘いでKKさんのプレジャーで出撃

340452298_1176173559761942_2021924531294604544_n.jpg

良い凪で快晴。こんな天気はクルージングも最高です。
2時間ほど走ってポイント到着
まずはジギングで様子を見ます。

なかなか反応は得られないままポイント移動
何度かの移動のあと、同船のRさんに待望のヒット!
レギュラーサイズのビンナガゲット。
ただ、その後が続かず。

この時、ちょこちょこカツオナブラが発生していたので、船で追います。
活性高めのナブラに投げ込むと、一撃!
340211590_1656927901424858_6341156063347698486_n.jpg

その後、同サイズをもう1本追加

活性の高い何でも投げれば釣れる時もありますが、今日のナブラはそう簡単ではありません。
すぐに見切られスレました。
難しいスレた群れには投げ込む場所はもちろん、ジグやミノーといったルアーのセレクト、誘いのスピードなど様々な組み合わせで攻略するしかありません。

今回のセレクトは
340766623_711718724035570_2474779152020729361_n_20230410202548365.jpg
ジグを見切った時でも結果を出してくれます。
ポッピングの泡が肝だと思います。

その後は、ぽつぽつ上がるも数は伸びず、活性は上がらず。

少し風もやんできたときにジギングでビンナガを狙っていたところヒット!
これもレギュラーサイズですね。
340124433_3532095197023838_958771432218481972_n.jpg

無事にゲット。

少ししてKさんにもヒット。
339965442_784234589790517_2283547516916900189_n.jpg
連鎖しました!

ただ、しばらくやり取りをしてフックアウトしてしまいました。

ビンナガの口はかなり堅いため、フッキングはとても重要だと感じています。
自分はヒットした際には、強いフッキングを3度ほど入れます。
特に太軸のフックは初速のある力強いフッキングをしないとなかなか刺さりきらず、フックアウトの原因になります。
今シーズン、10数本ビンナガをキャッチしましたが、一度もフックアウトはありません。
フックアウトが多い方は、フックのセッティングだけでなく、タックルバランスの見直しも必要かもしれません。
自分はこのタックル一択ですけどね。
340079768_530594955903156_3442767464550988420_n.jpg

その後、ビンナガは終了
タイムアップとなりました。
340013159_878932676541093_3710631193717039573_n.jpg
KK船長、操船ありがとうございました。

ビンナガに変わってシーズンインしたカツオ。
イージーに釣れることもありますが、難しいカツオの攻略もこの釣りの楽しみのひとつだと思います。
今回は小型のポッパーのみしか使用しませんでしたが、自分なりの戦略を立てて攻略したいと思います。
2~3キロのサイズは程よく脂ものって、とても美味しくいただきました。

今回、カツオ用ルアーのボックスを家に忘れたのは内緒にしておきます。
(ポッパーだけは別に持っていて助かった!)
339990278_172460995290013_8386605841569823127_n.jpg

【タックルデータ キャスティング】
R O D:T.KustoM チャージャー ML     
REEL:S社5000番 PE2.5号+ナイロン12号
LURE:クリアポッパー30g、ほか

【タックルデータ ジギング】
R O D:T.KustoM ハウラー R/T 61M     
REEL:S社14000番 PE4号+フロロカーボン22号
LURE:UDTグレムリン400g、ウロコジグ300g ほか

ヒラマサチャレンジ IN 五島列島

令和3年11月、この時期の恒例になりつつある、10キロオーバーのヒラマサを狙うべく、五島列島に行ってきました。
自身にとって3度目の五島遠征。
昨年は1日のみの釣りとなり、さらに魚の活性低くカサゴ2匹と惨敗
雪辱を晴らすべく、期待特大、気合十分で今回は望みます。

今回はフィールドスタッフのVAGIさんとキャ藤さん、Nさんの4人です。
行程はいつもどおりで、セントレアから福岡までは空路。福岡から博多港に移動し、深夜発のフェリーに乗船
翌朝8時過ぎに五島福江に到着します。
往路の船では結構なうねりがあり、寝ていてもたまにくる大きな揺れで目が覚めます。
しばらくうとうとしていると、福江に到着
258783903_4658136457646331_1790082451703080884_n.jpg

これまたいつもの宿にチェックインして、出航します!

今回は2日間釣りが出来ました。
257956324_4658167104309933_9195262643001967284_n.jpg
K’sの杉本船長にお世話になりました。
船長の操船技術はもちろん、キャスティングでは船の流し方、ジギングではポイントへの立て方は、少しでもずれたらすぐに付け直すこだわり。
普段の近海の乗合船には見られないほど細やかに気を配ります。
釣りに対して、生き方に対してまっすぐな船長
こっちも本気でやらないとと思わせてくれます。

258751508_4658154264311217_4835309529328925922_n.jpg

258841610_4658137130979597_8450818393915048256_n.jpg

258870357_4658167337643243_7973499427466622098_n.jpg

259071618_4658136644312979_8433110677362823337_n.jpg

260064942_4658134164313227_3098956428002363302_n.jpg

2日間でどれだけのポイントを回ってくれたのか。出航から帰港まで手抜きなしでガイドしてくれました。
初日こそ、風波もあって回れるポイントも限られたこともあり、ブリ数本で終了となりましたが、2日目では爆発しました。
最初のジギングでは4~5キロのカンパチが入れ食い!
260259428_4658218947638082_6707914869301518515_n.jpg

260464653_4658218554304788_2292602353835350291_n.jpg

259779183_4658351427624834_4213647221970572045_n.jpg

Nさん、キャ藤さん!
トリプルヒットも!
自分も何本かキャッチ
258809568_4658351587624818_6192419840800670842_n.jpg

このサイズのカンパチが入れ食いとは、五島のポテンシャルの高さがうかがえます。
人生でこれだけカンパチを釣ったのはおそらく最初で最後になるのではと思いました。

その後はキャスティング
ここが凄かった!

鳥がちらほら飛び交い雰囲気もアリアリ
数投してすぐにヒラマサキャッチ
259101315_4658134337646543_8571785713234652824_n.jpg
今回のアベレージサイスの7キロほど
259824427_4658130910980219_3861208222080414554_n.jpg
VAGIさんのファイト

でかいプラグにチェイス、ヒットが続きます。

サンマらしき魚がヒラマサに追われているのが見え、チャンスを確信
更に強いタックルに持ち替え、キャストしすぐに結果は出ました。
これまでにない大きな水柱のビッグバイト!
船長からは「水深12m」のアナウンス
ロッドを立てて渾身の力で負荷を掛けます。
260318236_4658135570979753_2736183833293369491_n.jpg
マグロとは違ったラインを出せない高負荷ファイト
思いのほかしんどいですが至福の瞬間
すぐにキャッチ!
259741839_4658190250974285_7523553408671757181_n_20211123113611e0c.jpg
ドラグは出しませんでしたが、170lbのリーダーはザラザラ…
自己レコードとなる13.6kg

その後もサイズアップを狙ってキャストを繰り返しましたが、アベレレージを超えるサイズはヒットせず、終了となりました。
259611848_4658123454314298_5100120675917232531_n.jpg

今回の遠征はジギング、キャスティングとも多くの魚からのコンタクトがあり、色々な学びがありました。
ヒラマサ、カンパチ多数。そのほかにブリ、スマ、アラ(クエ)…
特にファイトは普段では経験できない回数をこなすことが出来ました。

帰港後シャワーを浴びて夕食
その後2次会
260441748_4658135697646407_1015621011534272533_n.jpg
反省会の人もいたかもしれませんが
楽しい夜のひと時

五島は海鮮はもちろん焼肉も最高においしかったです。
翌朝、魚を梱包し、ゆうパックで送りました。
259502603_4658218424304801_6764057494560836647_n.jpg

259285827_4658219957637981_2460791428136995631_n.jpg

五島遠征、またひとつ貴重な経験、よき思い出とすることが出来ました。
今後もサイズアップを狙って、チャレンジしていきたいと思います。

【キャスティングタックル1】
ROD:8ft
REEL: S社20000番
LINE : PE8号 ウルトラインビジブル170lb
LURE :GENEI 120、BF 140ほか

【キャスティングタックル2】
ROD: 8.4ft
REEL: S社14000番
LINE : PE6号 ウルトラインビジブル130ポンド
LURE :GENEI 60、バネット、BF 100 ほか

【ジギングタックル】
R O D:T.KustoM ハウラー R/T 61M     
REEL:S社10000番(14000スプール) PE4号+フロロカーボン20号
LURE:UTDグレムリン400g、ハオリ220g、ランス250g ほか

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

チャレンジ BLUE FIN TUNA in 青森

過去に何度も挑戦し、全く結果を出せていない釣りの一つ。クロマグロキャスティング
今回、テスター仲間のVAGIさんの企画で、チーム IN THE STREAMのジムシー、フリリンさんと自分の4名で挑戦しました。
青森のクロマグロキャスティングは、例年7月ごろに開幕し、今シーズンも既に釣果が出ています。
今回の釣行はまさに絶好のタイミング。
期待特大で、朝8時に長久手市を出発します。
223796762_4268097309983583_199844456594006017_n.jpg

867km! 12時間以上はかかりますね。
大人4人の青森遠征開始です。

数回の休憩を経て、宿泊地に到着したのは22時過ぎ。
大浴場で疲れを癒し、すぐに就寝

翌朝、朝食を済ませ8時出船
221204165_4268097409983573_379892998614574831_n.jpg

8時とはいささか遅い気もしますが、はやる気持ちを抑えてポイントに向かいます。
出船して30分もたたないうちにナブラ!
本命ポイントより手前ですが、釣開始

すぐにVAGIさんにヒット!
ジムシーにヒット!
自分にもヒット!
活性の高いマグロのようで、ガンガントップに当たってきます。

グッドサイズもヒット!
221204349_4268098253316822_4082723568909531887_n.jpg

222938370_4268098073316840_5503664808862076741_n.jpg

218928336_4268124056647575_822751140074316366_n.jpg

べた凪でトップに好反応!
後半は反応悪くなるも、必殺メソッドで攻略

あちこちでボイル多数!
これまでチャレンジしてきたクロマグロ釣りが何だったのかと思わせるような好調で、二日間の釣行を終了しました。

魚の活性と天候がバッチリの青森クロマグロ遠征
最高の仲間との思い出になりました。
218844621_4268098576650123_5073141639142355048_n.jpg
渋い時間帯でも投げ切るジムシー

217396765_4268097769983537_1448532821889060290_n.jpg



217595325_4268097633316884_6175378751381575241_n.jpg


219390327_4268097503316897_754279211075285626_n.jpg


着替え一式を家に忘れてきたフリリンさん(途中の〇-クマンで衣類とキャップを調達!)
219658287_4268124139980900_2036550859784450348_n.jpg

来年もチャレンジ確定です!

【タックルデータ 1】
R O D:キャスティングロッド 8ft       
REEL:S社20000番 PE8号+ウルトラインビジブル170lb
LURE:ダイビングペンシル100~120g

【タックルデータ 2】
R O D:キャスティングロッド 8.4ft       
REEL:S社14000番 PE6号+ウルトラインビジブル130lb
LURE:ダイビングペンシル60~100g


【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

アフターケア


毎回思いますが、釣行は楽しいです。
夜中に出かけ、日の出を待って出航。そして鳥山を探し、ナブラを追っかけあっという間に帰港。そして帰宅。(ここは長いかも)仲間との釣りは釣れなくても楽しい。釣れたらとんでもなく楽しい!頑張ってくれた道具を釣行後に洗ったり、片づけたりします。特にルアーの手入れも大事です。

118371346_3203784866414838_3281160447133247005_o (2)

プラグはウッドやプラスチックなど素材はまちまちで、スイベルを使ったものもあるので、しっかり水道水につけて何度もじゃぶじゃぶ洗って塩分を抜きます。そして十分に乾燥。(スプリットリングを外したほうが錆びにくく良いと言われています^^)

今回は食わせられませんでしたが、どのルアーもいい動きをしてくれました。
次こそは!

【忘備録】
trumpet200、ultra wire#9、STX3/0 (FRとも)
Banett190F、ultra wire#9、ST76 3/0 (FRとも)
Bubbles190 、ultra wire#8、ST66 3/0 (FRとも)
DIVE BAIT165、ultra wire#6、ST66 2/0 (FRとも)
γ90 、ultra wire#9、ST66 3/0 (FRとも)
Buble Swimmer180 、ultra wire#8、ST66 3/0 (FRとも) 
Ryan180、、ultra wire#9、STX3/0 (FRとも)

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

チャレンジ TUNA ㏌ 尾鷲


連日のキハダ好調にいてもたってもいられず、7月下旬、尾鷲早田港のSPLASHさんにお邪魔しました。

出航。大きく舵を東に切ります。

118160593_3195855697207755_8523121721307523147_o.jpg



出航時は暑さもなく心地よかったですが、時間がたつにつれ夏らしい強い日差しが照り付けます。これが夏のキハダ釣り。日焼け対策もしっかりやる必要がありますね。

どこの遊漁船でもですが、新型コロナウイルス対策ということで、マスクやフェイスマスクの着用、キャビンのお不使用など、感染症対策は十分に行います。

東に2時間以上は走ったところで鳥が増えてきました。

118198662_3195855760541082_5584004263106775353_o.jpg



鳥の方向を見ながら、鳥の多いところを探し船長が船を近づけます。

ボイル!キハダが餌を跳ね上げ、体を出してジャンプをし始めました。素早く船長が鳥の動きを読み、船を近づけます。何度か繰り返し、鳥がつついた後を通過した自分のダイビングペンシルに出た!

ヒット~!!9キロにセットしたステラのドラグ音が鳴り響く。

「ロッドを立てずに巻けるだけ巻いて~!!」 船長の檄が飛ぶ。キハダ釣りでよくあるヒット後の合わせでのバラシ。ヒットした瞬間に反射的にロッドを立てアワセてしまいがちですが、キハダの口の中は特に固いため、ヒットした瞬間、多くの場合キハダはルアーをくわえているだけであり、フッキング、つまり針が口のどこかに刺さり、貫通している状況はほぼ無いようです。この状態でロングロッドのテンションを抜くことなくロッドを立てることは困難ですし、ましてそこからロッドを振ってアワセを入れるのは至難の業。少ないチャンスでせっかくヒットさせたキハダを、目前でばらすのを何度も見ている船長だけに、言葉以上に強いキャッチへの気持ちが伝わってきます。

ライン角度が真下あたりになったタイミングで慎重にロッドエンドをギンバルに差し込みます。
魚のサイズも天国サイズではないため、魚の顔をこちらに向けるようロッドパワーで強くプレッシャーを掛けます。魚の姿が見えた。
ヒットからここまで約3分。でもここからが少ししんどい。

少し引っ張られた角度が悪いせいで、トモに移動。寄ってきたキハダがぐるぐる回るのに合わせて、ラインが船のペラやラダーに当たらないように慎重に少しずつ寄せます。

船長のモリが一撃で決まり、キャッチ。

117892808_3195856197207705_9074448892652259960_o (2)



本命キハダ。
こいつに今年も出会うことができました。サイズこそ30キロ少々と、今のこの海域でのアベレージでしょうか。ナイスフィッシュ!

118054740_3195857180540940_5586679986922967868_n.jpg



吐き出したベイトは10センチほどのイワシ。

117991096_3195856513874340_4845421252241740301_o (2)



マッチザベイトではないですが、いい仕事をしてくれました。

117889675_3195856743874317_1112848748502094487_o (2)

本日ファーストフィッシュをばらすことなくキャッチでき、自分も船長も一安心。次を狙います。
まだまだナブラは続いています。他の船もヒットさせていて、まさに時合真っ只中。

118104224_3195855830541075_5465945344308744331_o.jpg



目前にいいなぶら発生。同船者のキャストしたルアーに魚体をさらけ出してキハダが襲い掛かります。その横の自分のルアーにもバイト!ダブルヒット!! 自分のヒットしたキハダは合わせを入れる間もなくポロリ・・・。
同船者のフォローに回ります。

117947693_3195856823874309_7021641426154185992_o (2)



先ほどのサイズより明らかに大きい魚、強い引きで分かります!8号タックルで道具は完璧でしたが、アングラーが負傷していたため、やむなく途中交代。交代したアングラーはマグロ経験があまりなく、すぐにギブアップ。自分が交代しました。先ほどの疲れもありましたが頑張って寄せ切り、船長のギャフで無事にキャッチ!

118426804_3195856907207634_3374734936757731102_o (2)



50キロオーバーの見事なキハダ
しばらく休憩して、次は自分がこのサイズを釣るべく投げ続けますが、昼前あたりから鳥が少なくなりハネもなくなり時合い終了
港から大きく移動していたため、帰港時間のこともあり、昼過ぎに撤収となりました。

帰港後、計量。

117906347_3195856993874292_6937147468395275406_o.jpg



血抜き、エラ抜きで35キロ。同船者の大きいほうは55.3キロ。

次はこのサイズを釣る、そう心に誓って帰路につきました。まだまだシーズンは続きます。いい日に当たることを願い、キャッチするまで今シーズンも全力で頑張ります。

【タックル1】
ROD: キャスティングロッド8.4ft、8.0ft
REEL: S社14000番
LINE : PE6号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE :バネット、γ90、バブルスイマーほか

【タックル2】
ROD: キャスティングロッド8.0ft
REEL: S社20000番
LINE : PE8号 ウルトラインビジブル170ポンド
LURE :ダイビングペンシル100g、スリムポッパー100gほか

【タックル3】
ROD: T.KustoMチャージャーMH
REEL: S社14000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE :ダイビングペンシル45gほか




【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream


プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター