FC2ブログ

サンマパターンのための準備


夏のキハダが終わり、この時期になるとタルイカジギングになるんですが、肝心の今シーズンのイカさん、絶不調。まぁ、昨年は異常に釣れたので、普通といえば普通ですが。一度、チャレンジしましたが、アタリなく撃沈。自分的にもスイッチ入りきらずモヤモヤしたまま、シーズン終盤となり、最近ようやく少しだけタルの気配が増してきたその時、サンマがやってきました。
そうです、サンマパターンです。

この時期のサンマの南下にキハダがついて一気に群れがやってきました。サイズはバラバラですが、MAX80kgオーバーと、特大サイズががあがっています。そんな夢のサイズを狙うべく、準備を始めました。

今回はルアーのセッティングを少々

80028123_2492110114248987_5951557820112437248_o.jpg

夏と同じ魚のキハダ狙いではありますが、この時期の大きな違いが二つあると思っています。

一つ目は、ベイト。冬はサンマパターンというだけあって、基本的に表層のサンマを捕食し、あまりほかのベイトは登場しません。
一方で夏の場合は、イワシを中心にアジ、サバ、イカ、カニの幼魚、ハリセンボン等々。多様でかつ、そんなに大きくないです。シイラを捕食することもあるでしょうが、それはそれ。

二つ目は波、海況。
冬は圧倒的に風が強いです。北西風が強く吹くということは当然、波も高くなります。その風や波に負けずに投げ切ることが必要になります。

この違いを踏まえたルアーセレクトをし、さらに必要な微調整を行います。
サンマの大きさを意識したルアーは20cm~24cm程度。風にも負けず距離を稼ぐため、ウェイトも100g~160gを使います。そして感じなのは、投げた後のアクション。ダイビングペンシルを中心に使用しますが、水面からルアーが飛び出してミスアクションをするようでは、一向に食わせることはできません。しかも、夏ほどチャンスは多くありません。したがって、飛距離を稼ぐ比較的大きめのルアー、高波でも波をシッカリ噛む、跳ねさせないアクションのできるものが必須だと思います。そのプラグのメーカー指定の標準的なリング、フックサイズでも良いですが、自分は少し沈め気味になるようフックやリングをチョイスします。

80298270_2492110250915640_6565992379734556672_o (2)

C社のフック標準的な軸の4/0サイズ約9g、これを太軸に変更。

79948179_2492110047582327_3417858244566056960_o.jpg

約13g
前後変えるだけで約8gのウェイトアップになります。

これ以外のやり方として板状の鉛を直接貼り付けます。

80852355_2492110010915664_8104733940457144320_o.jpg

2g~4gくらいをいくつか作って、ひとまず張ります。
あとは現場で沈み具合、動きをチェックします。

80238361_2492109960915669_4908106433356103680_o.jpg

完了

冬のキハダはまだ手にしたことはないですが、以前、釣友が釣ったキハダを食べましたが、夏のものより脂がのってはるかに旨い!そんなに甘くはないですが、サイズ良し・食味良しのサンマパターンのキハダをぜひキャッチして、釣納めとしたいものです!


【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

サワラキャスティング IN 伊勢湾

冬の気配が強まる今日この頃、K船長にお誘いいただき、伊勢湾のサワラキャスティングに出撃してきました。
例年、この時期になると沖合を回遊するサワラや青物が、ベイトを追いかけ比較的湾の奥に入り込みます。
シーズンによってサイズや魚種も色々で、先週はワラサ、ハマチがトップで好調だったようで、期待が高まります!

78262137_2443859345740731_1564935569828478976_o.jpg

朝日が眩しい。
画像は醜いですが、大型のタンカーや貨物船が一列に並んでいます。ここ名古屋港は日本有数の貨物運搬船の航路。並んでいるのはいわゆる渋滞ってやつです。1時間ほど船を走らせます。今回はK船長、竹兄、梅村の3人。途中、鳥も多くなり雰囲気が一気に高まります。すると船団が!

78485378_2443859452407387_6780732523967152128_o.jpg

急行するとボイル多数見受けられます。キャストするとヒット!引かない・・・。ハマチでした。

なかなかすぐには食いませんが、タイミングが合えばハマチがヒットします。サワラも混じるようですが、我が船には配当がありません。しかし、良い凪

78288650_2443859529074046_7655651378303336448_o.jpg

肌寒い朝で着込んでいたため、少し汗ばむほどのいい天気。
ハマチばかり釣れたため少し移動すると、今度はサワラが跳ねだした。シンペンをキャストが決まると即ヒット!ヒット後いきなり鋭い横っ走り。本命のサワラでした。

78170681_2443859655740700_1951163742326620160_o.jpg

まわりの船もガンガン釣れています。その後もボイルが頻発。魚の方向にルアーが合うとバイト!

サイズアップのサワラ!

78774139_2443859729074026_7865654392651776000_n (2)

最高です。その後、さらに1本追加し帰路に。途中のポイントでハマチ少し遊んでもらって本日終了

サワラの回遊をタイミングよく狙い撃ちすることができました。時合では、船がサワラに囲まれているような凄い状況が何度もありましたが、ただ投げれば釣れるわけではなく、魚の進行方向を見定めたキャストアキュラシーと、ルアーのリトリーブ速度が肝だったような気がします。サワラは表層を逃げるベイトを追いかけいていたため、カツオ狙いの時のスキッピングで、少しルアーを意図的に跳ねさせるアクションが効果的だったと思います。ライトなシーバスタックルを使っている船もありましたが、自分はハリのある青物キャスティングロッド「チャージャーML」を使用して距離を稼ぐとともに、中型のハイギアリール(10000XG)を使って、ルアーの動きにメリハリを付けました。

現時点ではサワラの群れは、再度、沖合に出ているようで、伊勢湾のルアー船で狙うことができます。狙い方は主にはジギングになりますが、美味しい魚をぜひゲットしてみてください。サワラは、炙りや西京漬けなどで美味しくいただきました。サゴシサイズは釣れませんでしたが、脂身の少ないサゴシは鍋が最高です!


【タックル】
ROD: T.KustoMチャージャーML
REEL: S社14000番
LINE : PE2号 ウルトラインビジブル50ポンド
LURE :ピンテール、ブランカほか

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

HIRAMASAチャレンジ ㏌ 五島 (後編)

釣行二日目

前日はゆっくり出船の近場メインでしたが、今日は早起きして遠方の本命ポイントを目指します。

74582731_2410566902403309_4159529552474800128_o_201911252315453a1.jpg



上五島。行程は約2時間。ポイントが近づくにつれ鳥も増え、雰囲気が高まります。

75199786_2410566369070029_1584552089923616768_o.jpg



潮の加減と風向きを読み、ポイントに船をつけます。時に向かい風の中でキャストするときもありますが、船長を信じてキャスト。

すぐにバイト!。朝一にデカいのにやられた・・・。そんなことを言いたくなかったので、手持ちの最強タックルで挑んだのが裏目にでて、コマサにノサレ気味ファイト。波風あって少しバタバタしましたが、無事に五島ファーストヒラマサをキャッチ!

74430304_2410566975736635_3524822326308765696_n_2019112523210079f.jpg

魚とロッドパワーの差が大きすぎました^^。
このままバイトが続くのかと思いきや、そんなに甘くありません。
77251662_2443824859077513_149671896504336384_n_20191204004712716.jpg
キャ藤さんも同サイズをゲット!

ポイント移動をしながら投げ続けますが、なかなか反応は得られません。途中、気分転換にジギング。何度か流した後ヒット、そしてキャッチ。

ワラササイズでした。

ヒラマサジギングを久しぶりにやりましたが、これはこれで面白い!
シルバー系のロングジグをワンピッチで誘います。しゃくっているとジグを追ってくるのが分かります。フックはこだわりの船長オリジナル。モゾっとした前アタリがあって、乗ったら鬼合わせでフッキング。船長曰く、「掛かったら絶対外れん。」 徹底現場主義の杉本船長のこだわりは、針だけでなく色々と勉強になりました。

Tよしさんにかなりの良型のヒラメ
78299454_2448690001924332_9171289996408127488_o.jpg
ビッグなヒラマサ狙いですが、普段やっている近海ジギングと同じような魚も釣れます。

本命ポイントでもなかなか盛り上がりきらず、二日目が終了。帰港後は片づけをして、地元の魚料理屋さん「稲よし」さんへ。船長がおすすめの料理を注文してくれていたので、すぐに料理登場。

74645301_2429507573842575_6708997031001587712_o.jpg



刺身の5種盛?サザエにタイのアラ炊きに茶碗蒸し、最後に五目御飯? どれも優しい味付けとすごいボリュームにこれまた大満足。しかもリーズナブル。次回もここに決まりです! 晩御飯の後は明日の準備をして早めに就寝。ラストにかけます。

釣行3日目、最終日。
当初は北西寄りの一級ポイントを目指す予定でしたが、波風状況を鑑み、船長と相談して前日と同ポイントで勝負することにしました。前日より風は少し弱め。前日に魚の顔を見たこともあり、リラックスしてスタートフィッシング。キャスティングにも随分慣れました。イメージ通りのキャストにイメージ通りのアクションができたとき、結果がすぐに出た。今回はもう少し余裕をもってファイト。ドラグは出しません。出すと船長から檄が飛びます(笑)。

約10キロのヒラマサでした。

78217269_2415112978615368_4844927391417499648_n.jpg

サイズはともかく、納得の一本は最高に気持ち良い!
これがヒラマサキャスティングの醍醐味ですね。その後、同船者にもヒットがあり、各自無事にキャッチ。キャ藤さんにビッグバイト!
惜しくもブレイク。ビッグなヒラマサだったようで、船長によれば20キロは超えていたのではないかと。その後、キャストを繰り返すも、そんな夢のサイズには出会うことはできず、タイムアップ。3日間の釣行が終わりました。

別船の石野君、N田さんもヒラマサ。
78917145_2443824985744167_8615270969151324160_n.jpg

78127032_2443825032410829_3976424866034221056_n.jpg

あちらの船はジギングメインでの釣行。
ヒラマサのほか、カンパチ、ブリ、マダイ、アオリイカ、ヤガラ・・・
かなり多魚種に恵まれたようでした。

帰港後、釣った魚を血抜き、神経締めを施し、発砲スチロールに詰め、ゆうパックで発送します。五島産の最高級ヒラマサ、最高のお土産ができました。

今回は狙ったサイズには出会えませんでしたが、3日間のキャスティングを通じて、キャストの仕方、ルアーのセッティング、ラインシステム、ルアーとの接続など、改めてそのあるべき姿を再確認しました。最初は単なるマグロキャスティングの延長で何とかなると思っていましたが、これほどまでに違うとは思いませんでした。改めて準備をし直し、来るべき来年のチャンスに向けて準備をしたいと思います。次こそは20キロを超えるようなトロフィーサイズに出会うことを願いつつ。五島遠征、また一つ挑むべき釣場ができました。

【タックル1】
ROD:8ft
REEL: S社20000番
LINE : PE8号 ウルトラインビジブル200ポンド
LURE :γ140、BF140、ラピード230ほか

【タックル2】
ROD: 8ft
REEL: S社14000番
LINE : PE6号 ウルトラインビジブル130ポンド
LURE :BF100 ほか


【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

HIRAMASAチャレンジ ㏌ 五島 (前編)


遠征の釣り。
年に一度、普段は行けないような遠く離れたところや離島など、メモリアルフィッシュを求めて釣行を計画します。今年の行き先はは長崎県五島列島。九州の最西端、北東から南西に80キロにわたって100を超える島々が連なる列島。

10月下旬、TEAMインザストリームの石野氏らの釣行に同行する形で行ってきました。
セントレアを夕刻に出発。

72482804_2415135605279772_3409210817541832704_o (2)

74599561_2410565805736752_9201286833982406656_o (2)



福岡に到着。
その後、タクシーで博多港へ移動し、コンビニでおやつと翌日の朝食を購入。
ここからはフェリーでの移動になります。
フェリーは深夜に博多を出て、終点の福江島までに途中でいくつかの島を経由します。
非常に大型のフェリーのため、揺れ自体は少ないですが、海上であるため大きくゆっくりとした揺れがあります。
船内は客船であり、冷暖房完備の快適空間

75158896_2415136075279725_5345446181260492800_o (2)



コインゲームもあります。

75398263_2410566062403393_3000290563292397568_o.jpg



24時五島発。福江島に向かい、約8時間船旅です。男6人、テラスでわいわい釣談義。こういう時間って、大人の修学旅行な感じですね。

1時過ぎごろ、用意してもらった個室をで朝まで就寝。

78166944_2415136141946385_3636220712676491264_o.jpg



大きなうねりはありますがピッチがないことや、大型船のため、揺れはさほど気になりませんでした。

76647950_2410566149070051_7504526717701062656_o.jpg



いくつかの港を経由して、定刻通りに港に到着後。

75602743_2415136291946370_1699918433367359488_o.jpg



今回お世話になるケーズ杉本船長らが迎えに来てくれました。ホテルに直行し、チェックインを済ませ、準備もそこそこに、港に向かいます。


今回の遠征はチームインザストリームメンバー石野くん、ジムシー、キャ藤さん、Tよしさん、梅村とNさんの6名。石野君、ジムシー、Nさんはジギングメインで、梅村、キャ藤さん、Tよしさんはキャスティングで狙います。

出航が11時ごろと少し遅くなったため、福江島周辺のポイントをランガンします。比較的シャローポイントを中心に、狙っていきます。どこのポイントにも潮が複雑に流れ、その流れを読んで船長が船を流します。杉本船長は福井県でも遊漁船を営んでいた、知る人ぞ知る凄腕の船長。船の流しがイメージとずれるとすぐに立て直し、的確に流してゆきます。

底が丸見えのポイントも多数あり、迫力満点。しかし、魚の活性は低く、何度投げても、ポイント移動を繰り返しても、魚からの反応は得られません。船長曰く、ここ最近はトップでの反応が悪いとのこと。一旦キャスティングに見切りをつけ、ジギングポイントを目指します。

しばらく反応を探し、いい反応を発見!
すると!ダブルヒット!!

77394061_2443824665744199_7678219305435004928_n_2019120400471338d.jpg

本命ヒラマサでなく、良型のブリ。何故か釣れるのはブリばかり。しばらく釣れ続きますが、自分にはなぜかアタリなし・・・

反応もまばらになり、アタリも遠のきます。Tよしさんにビッグヒット!一気にラインが引き出されます。しばらく堪えていると突然のラインブレイク。正体はたぶんカジキ。ヒラマサだけでなく、カジキも結構いるらしい。タイミングによってはクロマグロの回遊もあるようです。
そして、
75250996_2443824799077519_2235615187207979008_n_201912040047248df.jpg
ハガツオ
美味しいやつです。

ラストはキャスティング。夕暮れに向かってキャストを繰り返しますが、反応なく初日終了。
帰港後、ホテルに戻り、夕食に。

75311440_2410566699069996_6841599009484701696_o.jpg


五島牛。
旅の楽しみの一つですね。おいしい夕食におなかを満たし、をラインシステムを組みなおし、次の日に備えます。

後編へつづく。




【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

チャレンジ ツナ in 遠州


例年ならそろそろ梅雨明けの7月下旬。
連日キハダ、大判カツオが絶好調の遠州沖に行ってきました。

出船前には雨が止みましたが、鉛色の雲を抜け、キハダ探しの旅ににいざ出航。

201907240014105fe.jpg



遠州沖といっても今日のポイントは遠く、港から約三時間ほどのクルージング。途中から鳥もちらほら飛んでいて、雰囲気も高まります。僚船からの無線で大型のカツオキャッチの連絡があり、期待度MAX。
本命ポイントには鳥が固まりつつあって、良い感じ。直ぐにキハダの跳ね発見!

カツオは一旦忘れて、鳥の固まる付近に急行しキャスト。
自分の投げたプラグに水柱が上がる!

ヒット~。

開始早々の本命のヒットに少し動揺したものの、先ずは冷静にリールのハンドルを巻く事をだけを考える。この時フッキングはしない。しばらくして魚の動きを感じながら、走るようならテンションを保ちながらそのまま走らせ、マグロに任せる。その後、真下に向かったので数度合わせを入れる。あとは、ロッドを立ててグイグイ寄せます。

ほどなくしてキャッチ。

20190724001412753.jpg



20キロほどのアベレージサイズでしょうか。

201907240014133b9.jpg



ポイントに到着して一時間も経たないうちにキャッチできるなんて、至福のひととき。

20190724001415736.jpg



次なる群れを探します。

あちこちでキハダの跳ねが見えますが、なかなかルアーに反応はありません。
しばらくすると、カツオ混じりの大きなナブラ発生。時にボイルと言うに相応しいほど海面が沸き立ちます。今日のこのシラスナブラが手強く、なかなか口を使わない。カツオに混じってキハダも見えるので、プラグをキャストするとヒット!


さっきのキハダよりブルブルしてて思ったより引かない。
上がってきたのは良型のカツオ。

20190724014107c81.jpg



同船者にもヒット!
強い引きに苦戦するも、キハダタックルだったので、ロッドを立てて寄せます。

正体は特大カツオ。

201907240141064bb.jpg



自分のサイズと一見同じに見えるかもしれませんが、自分のは6キロ、隣は9キロ!こんなカツオ見たことない。
小さいジグにもヒットはするものの、相手がこのサイズではカツオタックルがブチブチ切られていきます。

食わせられないカツオのスーパーボイルを後にして、次なるキハダを狙います。

そろそろ終盤。
始めにキハダをキャッチしたポイント周辺を再度狙います。跳ねは朝イチより減りましたが、鳥も表層ベイトを追っかける感じで雰囲気も良い。誘い出しでラストチャンスに賭けます。

自分はトモでキャスト。初速をつけた少し派手めのアクションの後にポーズを入れたその時、バイト!最初はスッと寄ってきたと思ったら、一気に走り出します。朝と同じく最初はハンドルを巻く事に専念し、魚の動きを見てフッキング。5分ほどで一度寄ったものの、水面で暴れてまた走り出します。

船縁の突っ込みをかわしてランディング。

20190724014109d37.jpg



2本目はサイズアップの28.5キロ!
イメージどおりのヒット、キャッチは最高に気持ちいい。

20190724014110368.jpg



その後、雰囲気はあるもののタイムアップで帰港となりました。

好調の遠州にあって特に高活性の日で、バラシなどなく、結果を出すことができました。ただ、いつでも誰でも釣れるようなものではなく、キャストするところ、タイミングを見極め、丁寧なアクションで誘うことができなければ、バイトを得ることは困難。普段の釣行を重ねるなかで、自信を持てるタックル、ルアーセレクトとアクションで誘い続けることが何よりも重要だと再認識しました。

今回の2本目はT.KustoMチャージャーMHを使用しました。このロッドは癖がないためとても投げやすく、また、ルアーアクションもつけやすいです。50~60gのダイビングペンシルにベストマッチ。

2019072408002158d.jpg



ブランク自体は少々細いものの、十分なトルクに今回の30キロのキハダにも十分通用するのを実感しました。

まだまだシーズンは続くと思われますが、キハダを釣りたいなら今シーズンを逃す手はないと思います。土日はなかなか予約がとれない状況かもしれませんが、例年9月までは十分狙えるはず。タックルやノット、キャストの準備をしっかりして、来るべき時に備えましょう。自分はまだまだサイズアップを狙います。



【タックル1】
ROD: T.KustoMインターミディエイトボロン810
REEL: S社14000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル130ポンド
LURE :γ90、エアマティック60ほか

【タックル2】
ROD: T.KustoMチャージャーMH
REEL: S社14000番
LINE : PE4号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE :ダイビングペンシル



【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター