FC2ブログ

チャレンジ ツナ in 遠州


例年ならそろそろ梅雨明けの7月下旬。
連日キハダ、大判カツオが絶好調の遠州沖に行ってきました。

出船前には雨が止みましたが、鉛色の雲を抜け、キハダ探しの旅ににいざ出航。

201907240014105fe.jpg



遠州沖といっても今日のポイントは遠く、港から約三時間ほどのクルージング。途中から鳥もちらほら飛んでいて、雰囲気も高まります。僚船からの無線で大型のカツオキャッチの連絡があり、期待度MAX。
本命ポイントには鳥が固まりつつあって、良い感じ。直ぐにキハダの跳ね発見!

カツオは一旦忘れて、鳥の固まる付近に急行しキャスト。
自分の投げたプラグに水柱が上がる!

ヒット~。

開始早々の本命のヒットに少し動揺したものの、先ずは冷静にリールのハンドルを巻く事をだけを考える。この時フッキングはしない。しばらくして魚の動きを感じながら、走るようならテンションを保ちながらそのまま走らせ、マグロに任せる。その後、真下に向かったので数度合わせを入れる。あとは、ロッドを立ててグイグイ寄せます。

ほどなくしてキャッチ。

20190724001412753.jpg



20キロほどのアベレージサイズでしょうか。

201907240014133b9.jpg



ポイントに到着して一時間も経たないうちにキャッチできるなんて、至福のひととき。

20190724001415736.jpg



次なる群れを探します。

あちこちでキハダの跳ねが見えますが、なかなかルアーに反応はありません。
しばらくすると、カツオ混じりの大きなナブラ発生。時にボイルと言うに相応しいほど海面が沸き立ちます。今日のこのシラスナブラが手強く、なかなか口を使わない。カツオに混じってキハダも見えるので、プラグをキャストするとヒット!


さっきのキハダよりブルブルしてて思ったより引かない。
上がってきたのは良型のカツオ。

20190724014107c81.jpg



同船者にもヒット!
強い引きに苦戦するも、キハダタックルだったので、ロッドを立てて寄せます。

正体は特大カツオ。

201907240141064bb.jpg



自分のサイズと一見同じに見えるかもしれませんが、自分のは6キロ、隣は9キロ!こんなカツオ見たことない。
小さいジグにもヒットはするものの、相手がこのサイズではカツオタックルがブチブチ切られていきます。

食わせられないカツオのスーパーボイルを後にして、次なるキハダを狙います。

そろそろ終盤。
始めにキハダをキャッチしたポイント周辺を再度狙います。跳ねは朝イチより減りましたが、鳥も表層ベイトを追っかける感じで雰囲気も良い。誘い出しでラストチャンスに賭けます。

自分はトモでキャスト。初速をつけた少し派手めのアクションの後にポーズを入れたその時、バイト!最初はスッと寄ってきたと思ったら、一気に走り出します。朝と同じく最初はハンドルを巻く事に専念し、魚の動きを見てフッキング。5分ほどで一度寄ったものの、水面で暴れてまた走り出します。

船縁の突っ込みをかわしてランディング。

20190724014109d37.jpg



2本目はサイズアップの28.5キロ!
イメージどおりのヒット、キャッチは最高に気持ちいい。

20190724014110368.jpg



その後、雰囲気はあるもののタイムアップで帰港となりました。

好調の遠州にあって特に高活性の日で、バラシなどなく、結果を出すことができました。ただ、いつでも誰でも釣れるようなものではなく、キャストするところ、タイミングを見極め、丁寧なアクションで誘うことができなければ、バイトを得ることは困難。普段の釣行を重ねるなかで、自信を持てるタックル、ルアーセレクトとアクションで誘い続けることが何よりも重要だと再認識しました。

今回の2本目はT.KustoMチャージャーMHを使用しました。このロッドは癖がないためとても投げやすく、また、ルアーアクションもつけやすいです。50~60gのダイビングペンシルにベストマッチ。

2019072408002158d.jpg



ブランク自体は少々細いものの、十分なトルクに今回の30キロのキハダにも十分通用するのを実感しました。

まだまだシーズンは続くと思われますが、キハダを釣りたいなら今シーズンを逃す手はないと思います。土日はなかなか予約がとれない状況かもしれませんが、例年9月までは十分狙えるはず。タックルやノット、キャストの準備をしっかりして、来るべき時に備えましょう。自分はまだまだサイズアップを狙います。



【タックル1】
ROD: T.KustoMインターミディエイトボロン810
REEL: S社14000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル130ポンド
LURE :γ90、エアマティック60ほか

【タックル2】
ROD: T.KustoMチャージャーMH
REEL: S社14000番
LINE : PE4号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE :ダイビングペンシル



【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

チャレンジTUNA in 尾鷲

既に4月というのにトンボが釣れ続いている。
しかもカツオも釣れ出し、しまいにはキハダも⁉
予想外の釣果は黒潮の蛇行が原因のようです。

何とも魅力満点の吉報に、尾鷲の早田港Splashさんにお邪魔しました。

1時間ほど南西に舵をとります。
ポイントに着き鳥やナブラでキハダを探します。
20190502010505d45.jpg

始めのうちは霧がかかかって、少し視界が悪かったですが、次第に晴れて暖かくなりました。
今日は鳥が少ない?感じがします。

20190502010507ba0.jpg
4月下旬にしては暖かいと言うより暑いくらい良い天気。
海の中も既に夏の近づきがあるのかもしれません。

船長がナブラを発見!
すぐさまキャスト!

チェイスはあるがのりません。
今日もそこそこ活性があるようです。
船長いわく、タイミングさえ合えば、思ったより簡単にヒットするとのこと。
ただ、そんなにマグロは甘くない。

何回目かのナブラへのキャストで、同船の方にヒット!

201905020105085e2.jpg
慎重に寄せて無事キャッチ

ヒッサゲ!
このアタリでは中型のキハダをこのように呼ぶとのこと。

やはり活性は低くないものの、群れの進行方向にキャストが決まらなければ、食わない。
高い精度と充分な飛距離が必要

今度は後方に向かうナブラ!
狙いを定めてキャスト!

隣の方にヒット!
自分にもヒット!
後ろの方にもヒット!

トリプルヒット!!!

バラさないように慎重にファイト
ヒット後はティップを下げハンドルを巻けるだけゴリ巻き。
魚が間下を向いたら今度は竿を立て、ティップを下げすぎないように細かくポンピング。

数分で無事にキャッチ。
20190502010510038.jpg

今期初物はサイズはともかく嬉しいの一言!
20190502010511872.jpg

綺麗な黄色が眩しい!

3人ともキャッチできました。
20190502010556f05.jpg

20190502010554bcc.jpg

口から吐き出した小さいプランクトン?
よく見るとカニの幼生メガロパというものらしいです。
水面でヌメヌメと地味にナブラになっているのは、魚でなくこれを補食しているからのようです。

その後、数回ナブラが出ましたがチャンスはなく、そのまま夕方を迎え終了となりました。
20190502013247c40.jpg

帰港後、船長が計量してくれました。
20190502010559273.jpg

13.5キロと大きくはないですが、幸先の良いスタートを切ることができました。
シーズン初期であるにも関わらず、既に50キロオーバーもキャッチされていますので、今シーズンも準備万端で狙いのサイズを是非ともキャッチしたいと思います。


【タックル1】
ROD: T.KustoMインターミディエイトボロン810
REEL: S社14000番
LINE : PE6号 ウルトラインビジブル130ポンド
LURE :ダイビングペンシル90gほか

【タックル2】
ROD: T.KustoMチャージャーMH
REEL: S10000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE :BZハイブリッドほか

ラストチャレンジツナin相模湾


相模湾のキハダ狙い、10月半ばであればもう終了の頃ですが、今シーズンの始まりが遅かったのが原因か、この時期にしてまだボイルもあり充分狙える状況とのこと。

いつもの嘉丸さんに、今回は2日間お世話になりました。
結果から言えば2日ともチャンスなく終了しましたが、気さくな大船長と今シーズンのこと、タックルのセットのしかた、ルアーチョイス、気配のある鳥の動きのこと等々、とても有意義な話をすることができました。

嘉丸さんも今シーズンのマグロ狙いは今週末で終了とのことですが、来年のシーズンに向けて、期待の膨らむ2日間になりました。ただ、相模湾は終わりましたが、三重のサンマパターンを期待して、準備をしたいと思います。

20181025012600885.jpg

201810250126023d2.jpg

【タックル1】
ROD: インターミディエイトボロン810
REEL: S社14000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル100ポンド


【タックル2】
ROD: チャージャーMH
REEL: S10000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE :BZハイブリッドほか

チャレンジ ツナ in 相模湾 2nd


最近は荒れ後の爆発がある相模湾。今回も真鶴港の嘉丸さんにお世話になりました。
マグロのキャスティングは真夏のイメージがありますが、タイミングや作法を間違えなければ、まだまだ狙えます。

肌寒いなか出港

いつものクルージング・・・。

201810170121263bb.jpg



一時間半ほどの走ったところで鳥が少し騒ぐも、直ぐに休憩。ハネも待てど暮らせど…。な~んもなしの良いとこなし。
昨日まで良かったパターンで、本日終了。

隣の僚船はエビングでヒットさせていました。魚は間違いなく居る!
何かスイッチが入ってまった(笑)



【タックル1】
ROD: インターミディエイトボロン810
REEL: S社14000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE : ドリームチューン、舞姫ほか

【タックル2】
ROD: チャージャーMH
REEL: S社10000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE :ナツボシほか

チャレンジ ツナ in 相模湾


朝晩の過ごしやすさを感じる日が多くなりました。
キハダのシーズンは真夏のイメージがありますが、まだまだ9月以降も狙えます。ただ、水温の変化、ベイトによる狙いかたの違いもあるため、よりテクニカルに狙うことになります。今回は今シーズン初となる相模湾、真鶴港の嘉丸さんにお世話になりました。

出港。

20181004002233417.jpg



沖に出ると少しうねりはありますが、釣には支障がない程度です。
東に向けて鳥を探します。

20181004004827341.jpg



二時間近く走ったところで船団があります。
マグロの跳ねはありませんが、カツオが固まっているようです。

201810040022366d9.jpg



餌釣り、漁師さんは釣れています。表層にカツオが泳いでいるのを時折確認できますが、ルアーには反応悪く、喰わせることができません。何度もトリヤマは発生し、そのたびに船長は船を走らせ、キャストを繰り返しますが、マグロの反応はありません。

20181004002235be3.jpg



ストップフィッシング。
キハダの跳ねは確認することは出来ませんでしたが、台風の荒れ後にはまたチャンスがあると思います。タイミングを見計らって、何とかキャッチに結びつけたいと思います。



【タックル1】
ROD: インターミディエイトボロン810
REEL: S社14000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE : ドリームチューン、舞姫ほか

【タックル2】
ROD:  8ftツナロッド
REEL: S10000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE :ナナツボシほか
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター