スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツナチャレンジ動画

先日のキハダのファイト動画を、A川氏が撮影してくれました。
ありがとうございます。

ファイト前半 ※約2分



ファイト後半 約4分

スポンサーサイト

ツナチャレンジ2017

かなり久々の更新となります。

さて、2017年は新年早々、パラオに家族旅行。帰国して2日あけての3か月の東京出張。
4月からは新年度新体制での職場スタートとなり、なかなか落ち着く暇のない日が続きました。
ようやくいろいろなことが落ち着き始めたのが6月、そろそろ来るべくキハダシーズンに向けて準備を始めました。

今期のスタートは7月の相模湾
いきなり結果は出ました。
サイズはワタヌキ19キロ 
釣れない長い長いトンネルを抜けた嬉しい1尾でした。
facebook_1507342130232_2017100720574471c.jpg


次のチャレンジは遠州
ここではカツオのナブラは見られたものの、本命キハダは頭を上げることなく終了。
ただ、魚探にははっきりと何度も映っており、船長もハネのないときジギングでキハダを狙ってみたいと言っていました。
確かに、キハダゲームといえば真っ先に思い浮かぶのはキャスティング。
しかしながら久米島でのジギングでキハダを狙うことは、すでに確立されているようですし、時をほぼ同じくして、TV番組でも相模湾でエビング、ジギングでキハダの釣果をだしていました。

その後、志摩や2度目の相模湾にチャレンジしましたが、いずれもチャンスはあったもののゲットならず。
今年はカツオが好調のようで、どの海域でもナブラになっており、専門で狙った船は沢山釣っていました。

その後、今シーズン4度目のツナチャレンジ
4度目は2日連荘の必釣体制で臨みます!

まずは熊野遊木港正丸さんにお世話になります。
今回は釣友のK平氏、A川氏の熟練者がいてとても心強い。
早速沖に向かってGO

20170929DSC_0886.jpg

しばらく走らせると、直ぐに鳥山
キャストを繰り返しますが、食わない。

トップで、沈めて、ほっといて・・・
色々試行錯誤を繰り返しますが、なかなかヒットに持ち込めず

今日はキハダ活性高く、いたるところで鳥山は単発のハネが見られます。
20170929DSC_0897.jpg


船長は360°視界を広げ、鳥を探し、的確に船を何度もつけてくれますが、食わない。
他船ではポツポツキャッチの無線が聞こえ出す。
20170929FB_IMG_1506689269197.jpg

『食わないんじゃなくてなく、食わせられない!』
ヒットに持ち込めない苛立ちを、K平氏が言葉にした。

ナブラ、移動、キャスト、ナブラ、移動、キャスト・・・
何度繰り返したのか、すでに昼を過ぎたころ、船の近くで強烈なボイル発生。

今まで食わない、いや食わせられないナブラにフォールスピードを抑えたルアーにチェンジしキャスト
テンションフォールでしばらくすると・・・ラインが走りドラグが唸る
ヒット~!

最初は少し走ったものの、タックルを信じぐいぐい寄せます。
比較的に早く寄ってきたものの、寄ってからがなかなかしんどいのがマグロ。
ミヨシを右に左に移動して突っ込みをかわしつつ、じわじわ寄せます。
同行のK平氏はボイルがあるにもかかわらず、直ぐにタックルを回収し、サポートに回ってくれます。
船の真下までマグロが寄ったときに、寄せのタイミングを指示し、ついでにゲキを飛ばし応援してくれます。
ハンドル半回転、少しずつ確実に間合いを詰め、最後は船長のモリが一発で決まり、キャッチ!
20170929FB_IMG_1506689255728.jpg

キャッチできたのは、自己記録となる48.5kg 158cmのこの海域のアベレージ
黄色も鮮やかな、ヒレの長いカッコいいのがキハダの特徴ですね。

今シーズン2匹目
昨年までの長いトンネルが嘘のような、信じられない気分でした。
ただ、今回はその長いトンネルを共にした仲間がいることで、嬉しさは前回のキハダとは比べ物にならないものになりました。

その後、ナブラも落ち着き時間終了。
最後の最後までナブラを追っかけてくれた船長に感謝です。

20170929FB_IMG_1506689280096.jpg

港で発泡を手配いただき、氷を詰めてなんとか車に乗せることができました。

翌日は五ケ所湾に移動
純正丸にお世話になりました。

前日反応良かった方面に向けて移動
20170929DSC_0894.jpg

かなり移動しました。
ただ、朝から激アツ!

朝イチのボイルはボコボコ!
すでに他船でもキャッチされてます。
が、なかなか当船ではヒットに持ち込めない。

昨日に引き続き、あちこちでナブラ発生
しかも結構サイズもでかいのはバンバン跳ねる!

しかし・・・『食わせらね~』

20170929DSC_0887.jpg

船長は鳥山の状況、他船の情報をもとに、あっちこっちへ船を走らせてくれますが、捉えきれず。
時間ばかり過ぎてゆきます。

夕方のチャンスを期待して待つと、鳥山
20170929DSC_0906.jpg

20170929DSC_0908.jpg

キャストむなしく本命ヒットせず。

あきらめモードでプラグをほっといたら、ひったくる引き
ん・・・弱い・・・
20170929DSC_0911.jpg

ナイスなカツオでした。

その後鳥山多数出るも、広範囲すぎて散漫なナブラとなり、時間ぎりぎりまで船長は粘ってくれましたが、終了となりました。
20170929DSC_0903.jpg

船長、結果を出せず、申し訳なかったです。

こうして、2日に渡るツナチャレンジが終了となりました。

今回のヒットルアー
20170929DSC_0935.jpg
LS65 

かじられたのか、
20170929DSC_0936.jpg

反対側がこんなんなっちゃいました。

ゲットしたキハダは流石に自分では捌けなかったので、いとこの魚屋さんにお願いし、解体をしてもらいました。
近海生マグロ、なかなかあじわえないですよね。
おいしくいただきました。
20170929DSC_0926.jpg


20170929DSC_0929.jpg

近海マグロキャスティングゲーム、トップシーズンは過ぎた感はあるものの、これからは60kgを超えるようなビッグサイズがまだまだ狙えます。
サイズアップを狙い、準備万端で挑戦をしたいと思います。

【タックル1】
ROD: インターミディエイトボロン810
REEL: D社6500番
LINE : PE8号 ウルトラインビジブル200ポンド
LURE : ブルーフィッシュ100、γ-90Lほか

【タックル2】
ROD:  8ft
REEL: S14000番
LINE : PE6号 ウルトラインビジブル130ポンド
LURE : LS65 オズマほか






崖っぷち ツナチャレンジ

久し振りの更新になります。

今シーズンは、相模湾、銭州、熊野、遠州と、チャンスを求めフィールドを問わず釣行を可能な限り重ねてきましたが、いまだノーキャッチ。
絶好のチャンス???という時もありましたが、自分含め同船者にもキャッチなく、近づいては遠ざかる、長い長いトンネルの中におります。

回数を重ねることで、スキルアップできたことは実感しています。
キャスト、ルアーセレクト、新たな仲間とのネットワーク等々

早く釣って楽になるべく(笑)、今週末、気合い入れてして出撃してきます。

20160926-2.jpg

遠州キハダチャレンジ

昨日、チームインザストリーム7月釣行会にて、遠州キハダキャスティングに行ってきました。
今シーズンはすでに各所でメジクラスから30キロ、50キロといったビッグサイズまで、釣果があがっています。
遠州ではまだキャッチされていないものの、いつ来てもおかしくない状況で、今日がその時かもしれないという、なんとも都合のいい想い胸に出港!

今回は浜名湖舞阪のtrust、キャプテンの岡田さんにお世話になります。
小回りの利くコンパクトな船は、ピンポイントなキャスティングが要求されるときには大きなアドバンテージとなります。
20160710DSC_0358.jpg

浜名湖の名物、浜名バイパス
ここを越えるのも、一つの難所

港を出て南西に家事を取ります。
1時間ほど走ると水色もコバルトブルーのいい感じ。
20160710DSC_0363.jpg

まだまだ走ります。

水温は24.5℃
一昨日より2度ほど下がったようです。
鳥山を探すも、単独で飛んでいるだけで、やまどころか数羽が精いっぱい・・・

一生懸命、鳥や潮目を四方八方目を凝らすも、なんともしがたい状況。

昼頃にはキハダを諦め、カツオの群れを探します。
カツオは例年にないほど大きな群れが接岸しているようでしたが、こちらも今日ばかりはなぜか沈黙。

サバに遊んでもらって本日は終了となりました。

サバ名人
20160710DSC_0368.jpg

【タックル1】
ROD: インターミディエイトボロン810
REEL: D社6500番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル130ポンド
LURE : ブルーフィッシュ100、γ-90Lほか

【タックル2】
ROD:  チャージャーMH
REEL: S14000番
LINE : PE4号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE : オズマ、シブキほか

アルバコアチャレンジ

2月下旬、今年初のツナチャレンジに尾鷲賀田港DEEP BLUEさんに行ってきました。

まだ厳冬期ながら、この季節といえばビンチョウマグロ。
一部、漁師の水揚げはあったものの、キャスティング、トローリングでの釣果はまだ確認できていません。
しかし、そこはマグロ。待っていては始まりません。

今回はK平氏の声かけのもと、フジペン丸さん、ジャギさんの4人にて出撃です。

DSC_4007201602.jpg
(オレンジのジャケットがK平氏、その隣がフジペン丸さん、ジャギさんは画像なくてすみません)

yjimage20160222.jpg

港をでて沖を目指します。
川口船長の熱いまなざし!
DSC_401020160222.jpg

海水温は港を出てすぐ16℃となり、期待が高まります。

沖合いには引っ張りの漁師や巻き網船もいて、本命の気配がプンプンします。
鳥も動き出し、鳥山となったり、ならなかったりでいよいよ時合を待つばかり!

…待てど暮らせど、時合は来ず、鳥もまばらに。
船長判断で南へ舵をとります。

ついでにプラグを引っ張ります。
DSC_401420160222.jpg

沖合いの水温は17度を超え、潮の色も良い感じ。
しかしながら、魚からのコンタクトはありません。

DSC_401620160222.jpg
串本まで来てしまった。

ここまできてもアタリなし。

でも、いつヒットするか分かりません!?
DSC_401920160222.jpg

???
DSC_402220160222.jpg
マグロが2本横たわっています。
(自分もキャビンで寝てました…)

北に戻りながら引き続き流しますが、アタリがないまま時間が過ぎます。

ラストチャンスで、青物キャスティングに切り替えます。
先日、10kgオーバーが出たポイントでキャスト開始!

青物も渋い・・・

そのときK平氏のガンマにバイト!
キャッチしたのはヒラマサとワラサのハイブリッドでした。
この海域にはさほど珍しくないようで、海水温の上昇などの自然環境の変化で、こうした種が生まれやすくなっているのかもしれません。
DSC_402520160222.jpg

キャストを続けますが、何度かチェイスが確認できたものの、キャッチはできずタイムアップ。

幻のルアーも今回は出番がありませんでした。
DSC_400920160222.jpg

K平氏からワラヒラを頂戴したので、お刺身でいただきました。
DSC_403420160222.jpg
身がコリコリ!
ワラサにはない歯ごたえです。

まだまだビンチョウのシーズンは始まったばかりですが、場合によってはキハダやクロマグロも期待できる尾鷲から南の海域は、今後も期待特大です。
今年は「キハダ30kgオーバーキャッチ」を目標としましたので、ビンチョウも視野に入れながら、来るべき本格シーズンに備えていきたいと思います。


【タックル1】
ROD: インターミディエイトボロン810
REEL: D社6500番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル130ポンド
LURE : ブルーフィッシュ100、γ-90ほか

【タックル2】
ROD: インターミディエイト MAGNUM
REEL: S10000番
LINE : PE5号 ウルトラインビジブル100ポンド
LURE : オズマ、シブキほか

※ビンチョウはサイズ的にも30kgまでを想定し、メインラインは5号とした。
プロフィール

Umemura

Author:Umemura
T.KustoM Field Staff 梅村剛

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。